「酔っ払いの回顧録」 PATA ☆☆☆☆

本の感想

1993年にXのベストアルバムである「X SINGLES」を聴いて衝撃を受けて以来、30年以上追いかけているのが、X JAPANです。2018年のコンサート以降、表立った活動がありませんが、PATAが本を出すというので、注目していました。

回顧録というタイトル通り、PATAの幼少期から現在に至るまでが時系列で描かれています。
文体が、本によくある「ですます」調ではなく、くだけた感じのモノローグ調で書かれているため、すらすらと読むことができます。

かといって、内容が薄いということはなく、PATAの波乱万丈の人生を追いかけながら読む形になることから、読んでいて感情が揺さぶられます。

TAIJIの脱退理由は、公式には発表されていないはずのため、これまでぼんやりとしかわかっていなかったのですが、この本を読んでそういうことかと腑に落ちました。
ただ、この本にもはっきりは書かれていません。

HIDEとの別れの部分を読むのは気が重かったことから、その手前まで読んで読むのを中断し、読む気力がたまるまで数日を要しました。
勇気を出して読みましたが、読んでいて辛かったです。

ギタリストの回顧録だけあって、ギターに関する専門的な記述も多く、ギターに詳しくない私としてはよくわからないところもありましたが、知らないことを知ることができるというのは、よい刺激になりました。
巻末に、PATA愛用のギターの写真が多数掲載されていますので、ギター好きな方にはたまらないのでしょうね。

カラーページが多いからか、定価は2,200円と単行本としては少し高めですが、メンバーならではの記述が多く、X JAPANが好きな人にはマストアイテムだと思います。

本の情報

  • 書名 酔っ払いの回顧録
  • 著者 PATA
  • 出版社 リットーミュージック
  • 定価 2,200円
  • 発売日 2024年2月13日

購入の記録

  • 購入年月 2024年3月
  • 購入店舗 ebookjapan(電子書籍)

※このブログはアフィリエイト広告を利用しています。

oni
oni

知識を得ることに喜びを感じるAB型の会社員です。
このブログには私が体験したことの感想を中心に書いています。
ブログを見た方の役に立つ情報を提供できればと考えています。
趣味:①歴史や法律の本を読むこと、②映画を観ること、③音楽を聴くこと
資格:①行政書士、②宅地建物取引士、③ビジネス実務法務検定準1級、④英検2級、⑤柔道初段
学位:①公立大学の学士(法学)、②私立大学の法務博士(専門職)

oniをフォローする
シェアする
oniをフォローする