おすすめの電子書籍ストアランキング

ランキング

私が実際に利用している電子書籍ストアをおすすめ順にランキング形式で紹介します。

第1位 ebookjapan

メリット

  • LYPプレミアム会員は、コミックウィークエンドキャンペーンで金・土・日曜日は25%ポイント還元される(実質25%オフ)。
  • たまに対象者限定クーポンが発行される。上記のキャンペーンと30%オフクーポンが併用できる場合は、本が実質半額以下で購入できる。
  • 初回ログインで6回使える70%オフクーポンが発行される。

デメリット

  • LYPプレミアム会員費として月額508円(税込)が必要になる。→ヤフーショッピングで買い物をする際に還元されるポイントが増えたり、LINEスタンプが使い放題になったりするので、これらのサービスを利用するのであれば、月額費用は高くない。

私は、LYPプレミアム会員なので、電子書籍を買う際はまずここの実質価格を調べ、他の電子書籍ストアよりも安ければ、ここで買うようにしています。
現在ebookjapanでは1,078冊の本を所有しています。

第2位 amazon kindle

  • 日替わりセールで本が安く買える(以前は対象の本が1冊でしたが、今は3冊になっています。「地球の歩き方」が高頻度で紹介されており、約2,000円の本を499円で買うことができます。)。
  • キンドルアンリミテッドのキャンペーンで3ヶ月99円、2ヶ月無料等で利用できることがある。
  • セールが頻繁にあり、日本評論社の専門書等が半額になることが多い。

日替わりセールは、アマゾン独自のもののようで、他の電子書籍ストアにはない価格で本を買うことができます。
現在、キンドルでは668冊の本を所有しています。

第3位 楽天Kobo

  • 楽天ポイントを使って本を買うことができる。
  • ポイント10倍キャンペーンやクーポンの発行が高頻度で行われており、対象の本であれば、定価よりも安く買うことができる。
  • カラーの電子書籍リーダー(Kobo Libra Colour、Clara Colour)が発売されたため、電子ペーパーをカラーで読むことができる。
楽天Kobo

現在、楽天Koboでは、296冊の本を所有しています。

第4位 SONY Reader

  • 1日1回のくじ引きができる期間があり、当たると30%オフクーポン等が発行される。
  • 月初に50~100ポイントが付与されることがある。
  • 1,000円以上の購入で100ポイント付与等のキャンペーンがある。

私が電子書籍を購入し始めた2013年頃は、キンドルとリーダーの2つを使い分けて使用していました。キンドルは、ペーパーホワイトで本を読んでいるので、今も容量の大きい漫画は、こちらで購入することが多いです。続刊がある漫画については、他の電子書籍ストアに乗り換えにくいというのもありますしね。
現在、Readerでは、738冊の本を所有しています。

第5位 Kinoppy(紀伊國屋書店)

  • 週末に30%や25%のポイントが付与されるキャンペーンをよく実施している。
  • 紀伊國屋書店が運営しているので、ここで買うと紀伊國屋書店のリアル書店の応援にもなるはず。

現在、Kinoppyでは、311冊の本を所有しています。

※このブログはアフィリエイト広告を利用しています。

oni
oni

知識を得ることに喜びを感じるAB型の会社員です。
このブログには私が体験したことの感想を中心に書いています。
ブログを見た方の役に立つ情報を提供できればと考えています。
趣味:①歴史や法律の本を読むこと、②映画を観ること、③音楽を聴くこと
資格:①行政書士、②宅地建物取引士、③ビジネス実務法務検定準1級、④英検2級、⑤柔道初段
学位:①公立大学の学士(法学)、②私立大学の法務博士(専門職)

oniをフォローする
ランキング
シェアする
oniをフォローする