「酔っ払いの回顧録」 PATA ☆☆☆☆

本「酔っ払いの回顧録」PATA を読んだ感想を書いています。回顧録というタイトル通り、PATAの幼少期から現在に至るまでが時系列で描かれています。 文体が、「ですます」調ではなく、モノローグ調で書かれているため、すらすらと読むことができます。